お客様の声(2015)

それぞれのメモリアル・ダイヤモンドには、それぞれの想いが込められています。ダイヤモンドを製作された方だけが知るその価値。お読みになっていただけると幸いです。
〈文章、写真に関してはすべてご依頼者の了解を得て掲載しています〉

待ち遠しく待ち、精神的にもとても助かった

お客様の声 2015

「お帰りなさい」まず最初に思ったことです。
闘病中だった主人との突然のお別れ…
何が何だか解らない中、葬儀会場で手にした1冊のパンフレット。「もう会えない。もう傍に居ない」と思っていた矢先だったので、直感的に直ぐに決めました。何かひらめいたと言うか、何だか主人がそうさせてくれた様な気がします。
スイスに行っている間も、ご親切に連絡をして下さり、待ち遠しくもワクワクした気持ちで過ごすことが出来、精神的にもとても助けていただきました。
7か月経ち、無事に手元に戻ってきた時は、とても嬉しく、これからはいつも一緒にいることが出来ると安心し、淡いブルーの綺麗な姿に変身した主人を愛おしく感じました。
担当のスタッフの方には最初から最後まで本当に良くしていただき感謝いたします。ほんとうにありがとうございました。

2015年11月 C.Y.様 (兵庫県)

妻の両親の元に預けるつもり

心待ちにしていた妻の「アルゴダンザ・メモリアル・ダイヤモンド」が手元に届き、感無量の気持ちです。
妻の両親は年老いて、私の実家のお墓へはなかなかいく事ができなかったので両親が存命の間は両親のそばに置いとくことにしました。
今後ジュエリーにして自分の元に戻った時にお願いしたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。

2015年11月 K.S.様 (岩手県)

一緒に孫の産声を聞いてもらうことができます

お客様の声 2015

この度は大変お世話になりました。
主人がインターネットでこのような方法があることを見つけて来てくれました。
今思うと母にとって一番いい方法であったと思います。
スタッフの方には細かいご配慮を頂き、本当に感謝しております。
こちらでお願いをする少し前に妊娠していることがわかり、心が決まりました。いつも気にかけ、誰よりも私を大切に想っていてくれた母です。ずっと側にいてもらいたいと思います。
おかげさまで出産までに間に合いました。これで一緒に孫の産声を聞いてもらうことができます。本当にありがとうございました。

2015年11月 A.K.様 (静岡県)

親子3人に戻りました

お客様の声 2015

10か月ぶりに妻さやかが家に帰ってきました。
素敵なブルーのダイヤモンドのネックレスに姿を変えての帰宅です。
14才のひとり娘と一緒にずっと眺めました。
生前意思が強かった雰囲気もあり、目が離せない輝きです。
面影が漂う素敵なダイヤになりました。
アルゴダンザさんの丁寧な対応とお心遣いにも感謝でいっぱいです。本当にお願いしてよかったです。
親子3人に戻りました。
家族の中心として大切にします。ありがとうございました。

2015年10月 戸田克徳様 (福井県)

やっと帰って来たなぁ

お客様の声 2015

納骨間際の依頼にもかかわらず、ご担当者様にはご丁寧な対応をして頂き、大変感謝しております。

無事、母が戻り、確認させていただき、やっと帰って来たなぁと実感しております。本当にありがとうございました。

2015年10月 杉谷真理様(兵庫県)

ダイヤの輝きは母の魂の輝きと思います

お客様の声 2015

受け取った遺骨ダイヤは、思っていたより淡い色でダイヤらしい輝きで、母のイメージにぴったりでよかったです。生前、母はダイヤとは無関係な感じだったけれど、今は相相応しいと思えます。
母が死ぬ前日、私はある人の演奏を聴くため一人で遠出していました。出かける前に会話した母はかつてないほど明るく、生まれて初めて心から向き合えた気がしました。
演奏会の翌朝、兄からのメールで母の死を知り、その日だけは道でも電車でも構わず泣きました。頭の中に演奏会で聞いた或る曲が巡りました。その曲はそうして何か月も私を支えてくれました。その人が演奏するその曲を次にいつ聴けるか分からず心細くなると、母が生き返る夢を見て、その人のもっと明るい曲を思い浮かべるようになりました。母の魂に見守られている感じがしました。
大学病院に献体したため母が遺骨になって受け取ったのは死から1年以上経ってからで、遺骨ダイヤのことはその頃に知り、初めは興味が無かったけれど、少しずつ考えが変わり、今や遺骨ダイヤの輝きは母の魂の輝きと思います。支えとなってくれた音楽への感謝と共に、ずっと大切にしなくては、と思います。

2015年8月 清水章子様(東京都)

説明会に参加して納得しました

お客様の声 2015
このたびはたいへんお世話になりました。以前から遺骨をダイヤモンドに、というお話に興味を持っていました。心の準備もなく父を亡くした数日後に、たまたま説明会があったため、迷いながらも参加させて頂きました。そこで作業の工程や、実際に作られた方のお声を聴くことができ、これなら是非!と決心しました。他社との比較もしましたが、大切な遺骨の取り扱いについてもていねいにご説明いただき、自宅まで引き取りにきていただけることが一番の決め手でした。(骨壺を自分で開けるのはやはり勇気がいります)
生前もっとお話をしておけばよかったと後悔することがたくさんありますが、今は私の指でダイヤモンドとして輝く父にいつでも語りかける事ができます。人それぞれ死生観は異なりますが、亡き後もこうして身近で父の存在を感じられることはとてもありがたいです。私もいずれはだいやもんどになりたいと思いますが、残された身内に大切にしてもらえるか少々心配…。
ありがとうございました。
2015年8月 M.Y.様 (東京都)

飾らない夫のイメージとかさなります

お客様の声 2015

原石をぐるっと囲むようにフレームをつけてペンダントにした。モダンな出来上がり。

お世話になりました。ありがとうございました。
遺骨でダイヤを作ることはTVなどで見て知っていましたが、高額である事から自分は注文することはないなと思っていました。
夫が急死して数か月、納骨したら手元には何も残らないんだなぁと考えるとさみしいような気がして、アルゴダンザのホームページを見ていました。きれいにカットされているダイヤモンドと夫のイメージがどうしても合わず、迷っていたところ、原石のダイヤもある、原石も身につけるジュエリーとしての加工もできるとうかがって決心しました。
出来上がってきた原石のジュエリーは思った以上の美しさでした。
割合こいめのブルーの、素朴でシンプルな仕上がりは、飾らない夫のイメージとかさなります。
また、期日指定で送付いただけるということで、7/30以降で、と言われた日がちょうど私の誕生日で、ああ、誕生日に帰ってきてくれた、と、ちょっとじんときてしまいました。ダイヤモンド、大切にしようと思います。
2015年8月 M.Y様 (神奈川県)

急に亡くなった兄と、大好きだった母の思い出に

こんにちは。
このダイヤモンドを知ったのは、母が亡くなってでした。旅行中に急に亡くなった知らせを聞きましたので、最後まで”ありがとう”を伝えられませんでした。
幸い父は健在でしたので、その時にと思い資料だけは取り寄せていました。
しかし、昨年9月に大好きな兄がガンとわかり、三か月で亡くなってしまいました。 私にとってはとてもショックでしたが、兄と母との思い出にと作ることにしました。
兄家族との意見の相違もありましたが、父のお願いにより少ないですが遺骨をもらえるようになりました。母との分を合わせても足りないとのこと、兄の仕事で使っていた本を使用し、ダイヤモンドが出来上がりました。
本当はすぐにペンダントにするつもりでしたが、娘がディズニー大好きな私と知ってか、ディズニーのキャラクターをデザインしている所があると提案してくれ、今度一緒に伺うことにしました。
急に亡くなった兄と、大好きだった母の思い出に毎日見ていたいと思います。
ありがとうございました。
2015年8月 南立裕子様(福岡県)

毎日一緒にいる彼を感じる

お世話になっております。
昨年突然夫を亡くし、ただただ悲しくどうしていいかわからなくなっていた所、メモリアルダイヤモンドの事を知りました。お墓に入れる事など全く考えられなかったのですぐにこれだと思いました。色々な意見があると思いますが、私は彼は私といる事が一番だと思ってくれるはずだと思い決めました。出来上がり帰って来たのも私の誕生月…。今は毎日必ず一緒にいられ、彼を感じられるので、少し落ち着く事が出来ます。
もし今後私に何かの時は同じようにしてほしいと娘に頼んであります。
本当にお世話になりありがとうございました。
2015年7月 E.N.様 (埼玉県)

いつも身近に主人がいる様です

お客様の声 2015

この度はありがとうございます。
とってもきれいなブルーでびっくりしました。
東京にいる子供達に電話で報告しました。
新盆の時にご本尊様の首にネックレスをかけ、重ねた手のひらにブルーのダイヤを置き、皆様に見ていただこうと思っております。いつも身近に主人がいる様です。
お骨をダイヤにしたことを話すと知人たちはびっくりし、またいい話を聞いたとそして我家でもそうしたいという友人たちがたくさんおります。そんな友人たちに見て頂きたいと思っております。貴社のやさしさと丁寧さ、親切さに感謝いたします。
どうもありがとうございました。

2015年7月 高橋紘子様 (宮城県)

母が好きだったスイスへ一緒に行く予定です

お客様の声 2015

この度は大変お世話になりました。
2015年5月23日。母は美しい輝きを放ち戻ってまいりました。
アルゴダンザメモリアル・ダイヤモンドを製作するきっかけは、以前母と観ていたテレビ放映でした。2人でテレビを観ており、その時に母に作っても良いか聞いていたのです。ですので、母が旅立った後、すぐにアルゴダンザメモリアル・ダイヤモンドの事を思い出しました。ダイヤモンドになることは母の遺志でもありましたから。
御社より予定より戻るのが遅れるとのご連絡をいただきました。1ヶ月位遅れ、5月23日に戻るとの報告を受け、私達家族は安堵いたしました。
実は1年前の5月23日は悲しく苦しい思い出の日で、今年の5月23日を迎える事がとても怖かったのです。

しかし、5月23日は母の戻る日となり、ご連絡をいただいてから5月23日は楽しみな日となりました。約束通り2015年5月23日、母は美しく清らかな光をまとい、私たちの元にマッターホルンのカードと共に戻ってきました。ツェルマット(マッターホルン)は母の大好きな所で、家族で最後に訪れた海外です。今年の夏はまた美しいメモリアル・ダイヤモンドの母と一緒にツェルマットに行く予定です。

2015年6月 渡邊恵子様 (東京都)

いつも息子と共にいる嬉しさ、そして母として身が引き締まる思い

お客様の声 2015

とてもていねいに、最初から最後まで取り扱って頂き、安心してあずける事が出来ました。
故人の写真を持ち歩いて旅行に行ったりするのとは違い、ダイヤモンドから故人のいろんな思い出がよみがえり、そして、いろんな表情を思いうかべながら、一緒に時をきざめる様に思います。
このダイヤを身につける事で、いつも息子と共にいる嬉しさ、そして母として身が引き締まる思いが致します。
きれいなダイヤにしてあげて頂き本当にありがとうございました。 

2015年5月 K.O.様 (兵庫県)

以前からダイヤモンドをとても気に入ってくれていたご主人の遺言通りに

お客様の声 2015

箱を開けたとたん、目に入る輝き
息を呑みました。魂がこの中に宿っていると…。
涙が溢れました。
主人の遺言通りに!
役目を果たすことが出来ましたこと、素晴らしいダイヤモンドを作ってくださった方々にご縁できましたこと、感謝申し上げます。
ありがとうございました。

 2015年4月 大澤喜代子様 (神奈川県)

4月生まれの母がいつまでも私と一緒にいる

こんなにも母の死が早いとは思っていませんでした。
病気だとわかってから覚悟はしていたものの、治ると信じていた部分もあった為 、心のどこかで受け入れることが出来ませんでした。母一人子一人で嫁いだ先で育ててくれた母と常に一緒に出掛けたり、旅行に行っていた母ともうどこへも行けれなくなってしまったと思ったのですが、葬儀の話の中でメモリアルダイヤモンドがある事を知り、4月生まれの母がいつまでも私と一緒にいることが出来るのはこれかと思い、心の中で少しとまどいもありましたが散骨してしまうより身に付けたり身近に置くことを選びました。ダイヤモンドとなって母の誕生日前日に受け取ることが出来ました。ブルーで仕上がると思っていた母のダイヤモンドは透明に近く、本当のダイヤみたいで輝いていました。これからも母はずっとそばにいてくれることを信じ、これからを生きて行きたいと思います。
ありがとうございました。

 2015年4月 N.T様 (愛知県)

弟が私達を暖かく見守るために戻ってきてくれたようで、思わず涙があふれてきました

お客様の声 2015

弟の死去後、弟の思い出、この世に存在した軌跡を残したいという想いが日を増していく毎に強くなって参りました。 
平成25年6月に遺骨を京都から(実家のある広島に)わざわざ受け取りに来ていただき。平成26年2月に完成したとの報告を受け、京都に在住しております娘に受け取りに行ってもらいました。 
出来上がりのメモリアル・ダイヤモンドに対面した時、弟が私達遺族を暖かく見守るために戻ってきてくれたようで輝きも素晴らしく、大変満足出来る仕上がりで、思わず涙があふれてきました。 
ご担当頂きましたスタッフの方、度々ご連絡頂きまして誠にありがとうございました。

 2015年3月 Y.S.様 (福岡県)

値段以上の価値のある、私だけの唯一無二のダイヤモンドです

お客様の声 2015

とってもお世話になったおじのメモリアル・ダイヤモンド作りました。作るまですごく悩みました。本当にダイヤモンドなんて作れるのか不安でした。ですが、自宅まで来ていただき、ていねいな説明を受け決心いたしました。 
数か月後、手元に届いたダイヤモンドは淡いブルーのすごく美しいものでした。箱を開ける手がふるえ、涙が止まりませんでした。大好きだったおじがいつも近くにいて見守ってくれる、そんなきもちにさせてくれました。 
正直、安いものではありません。ですが、値段以上の価値のある私だけの唯一無二のダイヤモンドです。 
作っていただけましたことに感謝の気持ちでいっぱいです。 
ありがとうございました。

 2015年3月 阿部沙耶花様 (東京都)

お骨を預ける不安もありましたが、今は主人が見守ってくれている事がとても幸せです

お客様の声 2015

8か月ぶりに主人がダイヤモンドになり戻ってきた日、お仏壇の前で箱を開けました。正直、嬉しい反面切なさもこみ上げ、何とも言えない涙がこぼれました。 
主人が他界し、時間に傷つき、時間に癒されてきた感情の表れだったような気がします。 
葬儀まで1週間、主人は自宅で眠りました。その間毎日食事を作りに来てくれたお友達の「お骨をダイヤモンドに出来る事しってる?」の一言で調べ、アルゴダンザ・ジャパンにたどり着きました。自分の目の届かない場所にお骨をお預けすることに不安もありましたが、主人が帰国するまでの数か月スタッフの方々が何度もお手紙や連絡を下さいました。 
今は主人がダイヤモンドになって見守ってくれている事がとても幸せです。私に教えてくれた方は主人つながりのお友達です。主人がつなげてくれた人から人への絆を大切にしていきたいと思います。 
本当にありがとうございました。

 2015年3月 山路奈穂様 (静岡県)

いつも穏やかで優しかった主人が帰ってきてくれたように思います

お客様の声 2015

このたびは大変お世話になりました。 
優しい澄んだブルー色のダイヤモンドは主人そのもののようです。 
急なお別れでしたので、なかなか現実として受け止めきれずに、ただただ悲しく寂しい思いで過ごしておりましたが、いつも変わらず穏やかで優しかった主人が帰ってきてくれたように思いました。 
山好きの主人が「今度はトレッキングで行こうね」と言っていたスイスに旅をしてきて、主人自身もどんなにか喜んだことでしょう。 
これからは主人が見守っていてくれることを一層強く感じられると思います。アルゴダンザの皆様にはいつも心のこもった対応して頂き、どれだけ救われた事でしょう。本当にありがとうございました。すばらしいご縁をいただいたこと感謝でいっぱいです。

 2015年3月 J.W.様 (東京都)

外国にいる娘も父親と一緒にいられる幸せを感じているようです

お客様の声 2015

大変お世話になりました。 
2人の娘たちも喜んでおります。父親と常に一緒にいられる幸せを感じているようです。アメリカにいる娘も身近に父親を感じて居ります。
本当にありがとうございました。

 2015年2月 A.Y.様 (東京都)

愛をくれた自慢の息子は、きれいなブルーになって戻ってきてくれました

お客様の声 2015

貴之は春の空の様、やさしくあたたかい。 
自慢の息子は、沖縄の海の様、大きな愛をくれました。 
最後まで頑張ってくれた息子は家族の涙の様。悲しく、愛を感じると暖かく、永遠に…。 
きれいなブルーになって戻ってきてくれました。 
貴之、愛しているよ、愛しているよ。大好きやで…。 
毎朝、起きたら話しかけます。 
毎夜、眠る前に話しかけます。これからもずーっと。

 2015年2月 大井戸奈生子様 (滋賀県)

お墓にこだわる方が多いですが、今の時代はこのような供養の仕方が

お客様の声 2015

本日、主人がスイス旅行から帰宅しました。

日本では暑い夏の間、気候の良いスイスで過ごしていたのだと思うと、楽しんで来てくれたのかな? とアルゴダンザさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
我が家は一人娘の為、娘の将来を考え、「主人と私のお墓は作らずにダイヤにする」と決めておりました。 
主人は43才という若さで、朝元気に玄関を出て、そのまま帰らぬ人となりました。娘も私も、今でもまだ主人の死は信じられません。 
主人の実家では墓参りしたいが為だけに、今まで持っていなかったお墓を買い、主人の遺骨のほとんどを持って行きました。お墓の管理を今後をどうするのか問うと、「10年間管理費を払わなければ取り壊されるのでそちらには迷惑をかけない」との返事でした。誰もいないお墓の中で、主人はたった一人で入っている状態です。”千の風になって”を歌いたい程でした。 
日本人はお墓にこだわる方が多いですが、少子化の今の時代ではこのような供養の仕方があります。私も娘も、ダイヤになった主人とこれからはいつも一緒です。私が主人のもとに行ったときには、主人のとなりにダイヤにしてならべてもらうように、娘にはお願いしてあります。私の時にもよろしくお願いします。

 2015年1月 福島幸子様 (東京都)

突然の別れに涙も出ず・・・ダイヤモンドを受け取って号泣してしまいました

お客様の声 2015

今日、宅配で受け取った後、玄関先で恥ずかしながら号泣してしまいました。突然の別れだったので、通夜、告別式、納骨の際に全く涙も出ない状態でした。少し落ち着いた後にアルゴダンザさんに連絡、お骨を送り出した後に、受け取りを楽しみに待つ時間を過ごすことにしました。 
都度毎に経過をお知らせ頂き有難うございました。 
夫が大好きだったスイスできれいなブルーの色に。 
大切に使います。

 2015年1月 N.M.様 (埼玉県)