ダイヤモンド葬~全てのお骨をダイヤモンドに~

世界で最も美しいご遺骨供養の方法

私たちはメモリアル・ダイヤモンドが世界で最も美しいご遺骨供養の方法だと考え、これを「ダイヤモンド葬」と呼ぶことにしました。もちろん、「葬儀」ではありませんが、葬儀が「愛する人を偲び、称える事」であるのなら、やはり「ダイヤモンド葬」は適当な呼び名であるのではないかと考えているのです。

アルゴダンザでダイヤモンドをご依頼する多くの方が、愛する人を亡くして、大きな悲しみや絶望の中、このダイヤモンドが故人の象徴となってくれる事を信じてご依頼をいただいています。
同時に、伝統的なお墓のかたちや、ご遺骨の行方に疑問を感じたことがメモリアル・ダイヤモンドを製作する理由となっている方々もいます。実際、今までに製作いただいた多くのお客様の声を拝見すると、伝統的な葬儀やお墓にとらわれないように、と故人がいい遺していったという例もとても多いのです。

アルゴダンザは、このような声を聞き、新しいご遺骨のご供養方法としてのダイヤモンド葬を提案することにしました。
世界で最も美しいご遺骨の供養方法、ダイヤモンド葬。

ダイヤモンド葬

ダイヤモンド葬とは

ダイヤモンド葬とは

ダイヤモンド葬は、遺族が故人の遺骨から製作したダイヤモンドを故人の形見として手元に置き、供養する方法です。身に付けたり、語りかけたり、触れたりすることで故人との絆を実感できます。
ご遺骨全てを使用して製作することが出来、従来型のお墓は全く必要ありません。ご遺骨は2柱までは追加料金なしでお預かりすることが出来るので、ご両親を一緒に供養する事も可能です。お預かりしたご遺骨は余すことなく全て使用し、何も残らず、法的な問題もありません。

ダイヤモンド葬の特徴

  • 全てのご遺骨を全て余すことなく使用してダイヤモンドを製作できます。
  • お骨の成分のみでできた究極の形見が残ります。
  • ご家族で分け合えるよう、複数個のダイヤを作ることも可能です。
  • 承継を必要とする従来型のお墓は不要です。
  • 持ち運びが容易で、転居や海外への移動も問題なく、現代のライフスタイルに合っています。
  • 最終的なダイヤモンドの行き場も色々選ぶことが出来ます。
  • いつも身近で輝き、見守られていると実感できます。
  • 愛と永遠の象徴であるダイヤモンドに生まれ変わり、故人に敬意を払った供養のかたちです。

どんな人がダイヤモンド葬を利用しているか

お墓の今後に不安を感じている方

  • お墓が無い方
  • お墓を新たに作る費用が高額すぎると感じている方
  • お墓に後継者が無く、無縁墓になることが心配な方
  • お墓が遠すぎて管理できないと感じている方
  • 遠方に住む子供夫婦に負担をかけたくない方

お墓を作らない・閉めようと思っている方

  • お墓を作りたくない方
  • お墓を新たに作る費用が高額すぎると感じている方
  • お墓を閉める事にしたが(廃墓)その後のお骨の行方をどうしようと思っている方

永代供養や散骨を検討されている方

  • 永代供養など合祀型(最終的にお骨は他の方と一緒に祀られる)の供養をする前に、その人だけのお骨をかたちとして遺したい方
  • 故人の遺志を尊重して散骨をしようと思っているが、少しさびしく感じる方
  • 散骨を考えていたが、お墓を作らなくて良ければ実はその方法は散骨でなくてもよいと感じる方

従来のお墓や葬儀に魅力や意味を関じない方

  • 仏教的な儀式に興味のない方
  • お寺とのかかわりに価値を感じない方
  • 葬儀やお墓にかけるお金はもっと有効に使えると感じる方

ダイヤモンド葬に関するよくある質問

必要なご遺骨の量がは300gと書いてありますが、残ったお骨はどうするのですか?
お預かりしたご遺骨は粉末化され、すべて炭素抽出を行います。炭素抽出の工程は、「炭素以外の部分を薬品で取り除く」方法のため、この工程の後には炭素のみしか残りません。どこかでお骨が使われずに残っている、処分されている、というようなことは一切ありませんので、ご安心ください。また、抽出した炭素で使用されない分は、ダイヤモンドがご依頼者様のお手元に届いたことを確認してから、完全に無くなるまで燃やします(最終的には二酸化炭素になります)。