お客様の声(2010)

それぞれのメモリアル・ダイヤモンドには、それぞれの想いが込められています。ダイヤモンドを製作された方だけが知るその価値。お読みになっていただけると幸いです。
〈文章、写真に関してはすべてご依頼者の了解を得て掲載しています〉

沈み込んでいた私にダイヤの輝きが勇気をあたえてくれた気がします

お客様の声 2010

主人にプロポーズしたのは私です。彼は泥にまみれたダイヤの原石だと思いました。みがいてダイヤモンドにしたいと思い「結婚しようか」とプロポーズすると、彼は「ハイッ」と返事してくれました。ずいぶん昔の話です。26年前の事です。
それが今こうして本当にダイヤモンドになり、私の身の上でかがやいています。
何かの縁でしょうか。アルゴダンザさんと知りあえた事を本当にとても感謝しています。それと同時に、何かふっきれた様にも思います。悲しみの中にしずみこんでいた私にダイヤの光、輝きが元気を与えてくれて、次にふみ出すその一歩の勇気をあたえてくれた気がします。主人が天国に行ってしまった事、この事実をふまえた上で、かかえた悲しみを背負った上で、私の次の力になってくれる様な気がしています。私とダイヤになった主人と「生きていける」そんな気がしました。
アルゴダンザさん、ありがとうございます。このよろこびを与えてくれた事、私に勇気を生み出してくれた事、主人と一緒にいられる事、すべてにおいて感謝の気持ちです。涙ポロポロがうれし涙です。

2010年12月 C.T.様 (広島県)

ダイヤモンドになった息子を初めて見て、ひたすら感動しました

お客様の声 2010

メモリアル・ダイヤモンドに加え、息子さんの亡くなった年齢に合わせたメレダイヤをインゴットに埋め込みました

突然の事故で、17才という若さの息子を亡くして、これから先どうしていいのか、ただ、悲しい、つらい、と思うだけでした。
遺骨からダイヤモンドが出来ると初めて知り、すぐに作ろうと主人と決心しました。インターネットなどで調べ、アルゴダンザ様が自然のままの色で出来る事も知り、アルゴダンザ様に決めました。
とっても丁寧な対応で、お会いしてとても信頼が出きると思いました。
0.7ctと言う事で1年ぐらいかかるだろと思っていましたが、実際には約半年で私達の元に息子は帰ってきました。
ダイヤモンドになった息子を初めて見た時は、もう、ひたすら感動しました。とっても美しい輝きで、本当にきれいなダイヤモンドでした。
これからは泣いてばかりの日々ではなく、ダイヤモンドになった息子と、また一緒に、いろいろな所へ行ったりしたいと思います。
本当に、この度、お世話になり、アルゴダンザ様にはとても感謝しております。
ダイヤになった息子を、大切に、大切に、ずっと一緒に過ごしていきます。ありがとうございました。

2010年12月 K.N.様 (愛知県)

四年前に主人の病気が見つかり、退職してずーっと一緒の生活でした。「外出しているほうが気がまぎれる。」とウォーキングや、ショッピング、ドライブと毎日のように楽しく出掛けていました。
初めの頃は、一人の時間もほしく、ストレスをためた事もありましたが、主人がいなくなって、その存在の大きさに改めて気付きました。
テレビドラマの台詞で“夫を失った悲しみは、子供や孫でも埋める事はできない”・・・と本当にその通りです。主人が亡くなり、新聞やテレビで見て知っていた、メモリアル・ダイヤモンドのことを思い出し、すぐにお願いしました。正直、本当に主人の遺骨でできるのか、間違いはないのか等、不安はありましたが、迎えに来て下さったスタッフの方も、遺骨を物ではなく、私の夫として大切に扱ってくださり、待っている間も、状況報告や私を気遣った温かい言葉にとても安心していられました。お願いして良かったと、とても満足しています。
私の回りでは、メモリアルダイヤのことをまだまだ知らない方ばかりです。だれにでも必ず訪れるその日の為に、光り輝くきれいなダイヤに変身した主人をみんなに見てもらい、多くの人に知って頂きたいと思っています。
アルゴダンザの皆様とご縁があった事、心より感謝申し上げます。
(10月21日、主人の残してくれたデパートの積立金でリングにして頂き、私の手元に帰って参りました。主人からの最後のプレゼントの様です。ありがとうございました。)

2010年10月 伊藤 壽恵様 (香川県)

心配もしたのですが、自分の選んだ事は正解でした

お客様の声 2010

こんにちは。
今回は、8ヶ月の旅を経て父が帰ってきました!
私の父はお墓もなく、私もお嫁に行くので、位牌も作りませんでした。
周りの人達にも色々と言われ心配もしたのですが、こうして父が帰ってきて思った事は、自分の選んだ事がすごく正解だったと思います。
これからは大事な時に取り出し、私が人生を終えるまで、又、父と一緒に過ごして親孝行していきたいと思います。

父の初海外旅行をありがとうございました。

2010年10月 清野 和子様 (千葉県)

亡き父にとっては心の慰め、残された私達には大きな癒しになりました

お客様の声 2010

この度は父の遺骨を輝く姿に変えていただき、本当にありがとうございました。期待と不安で帰りを待っておりましたが、想像以上の美しさに家族皆感動いたしました。
亡くなって悲しみが癒えぬうちに、遠くはなれた土の下に遺骨を納めてしまうのは家族にとってはつらい事ですが、アルゴダンザ様に出会うことが出来たおかげで、死を前にした父にとっては、お墓に入らず、いつまでも大好きな家で家族と過ごすことができるという心の慰めになり、残された母や私達にとっても大きなお客様の声 2010癒しとなりました。供養は亡くなった人に対してはもちろんですが、残された者が立ち直るための大切な手段であると強く感じております。
この様な形がある事を、もっとたくさんの方々に知っていただけたらと切に願っております。
ありがとうございました。

2010年8月 大平 和子様 (神奈川県)

未だ涙は枯れませんが・・・一緒に行きたかった場所に連れて行こうと思います

お客様の声 2010

花と小木の栽培が好きだった恵子。
旅行、特に自然の景色が好きだった恵子。
笑顔の可愛かった恵子。
時々、ちょっぴりすねていた恵子。

そんな妻恵子が、買い物に出かけて事故に遭い病院で横になっていました。
握った手は冷たく、夢なら覚めてくれと 涙で濡れる頬を何度もつねったが覚める事はありませんでした。

今後やろうとしていた事を50歳半ばで絶たれた恵子
私が意志を継がなければ、一人でなく一緒にするには・・・その時、頭の片隅にあった遺骨のダイヤ化。
ネットで調べてアルゴダンザ社に辿り着きました。 (他社も有りましたが、恵子は口癖のように、スイス、スイスと 言っていたので迷わずスイスで製造している会社に決めました)

それから製造の説明、遺骨の送付、途中経過の報告等を経て 約9ヵ月後に説明通りの綺麗なダイヤモンドリングになって帰ってきました。
出来上がる迄の間、愛しい人を亡くした者への心づかいのある対応 心のこもったメッセージ有難うございました。

未だ涙は枯れませんが、一緒に歩きたかった熊野古道
入りたかった温泉、その他・・・等連れて行ってあげよう。

話しかけながら、喧嘩しながら

2010年10月 T.O.様 (高知県)

少し寂しさがやわらぎます

今回、息子の勧めでメモリアル・ダイヤモンドを作ることになり、作ってよかったと思っています。 
帰って来たジュエリーの箱を開けた瞬間に光り輝いたダイヤを見て、とても感激致しました。 
娘達も帰りを楽しみにしていたので大満足で。 
”想っていたより大きく、色もきれいで”、どこに行くのもいつも主人と一緒だったので、これからは私とダイヤに成った主人と一緒にいる事が出来て、私も少し寂しさがやわらぎます。全て主人に感謝の気持ちでいっぱいです。アルゴダンザさんに出会えてほんとうに感謝しています。 
いいものを作っていただきありがとうございました。 
いつかあんなきれいな場所に行けたらいいね?なんて言っています。
2016年11月 A.K.様 (兵庫県)

これからは肌身離さず、共に人生を歩んで行きます

お客様の声 2010

とても素敵な形で戻りすごく感動しています。
これからは、肌身離さず、共に人生歩んで行きたいと思っています。
アルゴダンザさんに出会えて最高に幸せです。
ありがとうございました。

2010年9月 桑田 律子様 (広島県)

出来あがったダイヤモンドは、不思議と故人らしいと思える色でした

お客様の声 2010

母が亡くなったばかりの頃は、どうしていいかわからない状態でした。遺骨でダイヤモンドを作ることができると知ったのは、そんな時でした。
方法や会社について調べて、資料を読んで、自然に出る色に委せるというところ等に惹かれて御社にお願いしようと決めました。不思議とお願いすることに迷いはありませんでした。
実際に出来あがったダイヤモンドを見ると、不思議と故人らしいと思える色で、温かい輝きに見えました。姿が変わっても、同じ時を刻み、色々体験できることに幸せを感じています。
今では何より大切な宝物でお守りです。
本当にありがとうございました。

2010年9月 A.K.様 (新潟県)

このダイヤモンドがあることで、悲しみが少し緩和されています

母が病気になる前から、偶然でしたがこのメモリアル・ダイヤモンドの存在は存じておりました。母のガンが発覚し、万が一の時は必ずこのメモリアル・ダイヤモンドを製作しようと、母本人とも話していました。「ママ、キレイになるね」と話していたのを覚えています。母が亡くなるとは思ってもいなかったことですが、亡くなってしまい、とても悲しみの中にいましたが、約束していたダイヤモンド製作はしようと思い、アルゴダンザさんにご連絡して、姉弟3人分のダイヤモンド製作をお願いしました。言い方は良くないですが、商売としてではなく、本当に遺族の気持ちに寄り添って“少しでも悲しみをやわらげられれば・・”という思いで接してくださっているのが伝わってきて安心してお任せすることができました。
まだ51才になったばかりの母だったので、これからやりたい事や見たい景色も、たくさんたくさんあったと思いますが、キラキラと輝いて、より美しくなった母を、いつも一緒に連れていきたいと思います。ママと一緒に居られることが嬉しいです。
このダイヤモンドがあることで、悲しみが少し緩和されていることは事実です。
本当に丁寧で温かい対応にとても感謝しています。

2010年9月 近藤 吏奈様 (静岡県)

『竜』の一字とデザインは、亡き夫と息子をつなぐ絆です

お客様の声 2010

待望の長男を授かったとわかったと同時に、夫のガンが見つかりました。手術をし、抗ガン剤で治療を続け、本当に短い父親の時間を過ごし、子どもが生後8ヶ月のときに逝ってしまいました。最後まで前向きに生きることを考えていたので、亡くなった後のことは、ほとんど話せないままでした。そんな主人が唯一、遺言として話したのがこのメモリアルダイヤモンドでした。妊娠中二人で散歩したときに、ぼそっと「俺が死んだら骨をダイヤにして、『竜』のペンダントを作ってくれ。そして、息子に着けさせてくれ。父親がいつも胸にいたら悪いことできないだろうから」と言いました。自分は長く生きられない、ずっと子どものそばにいられないとわかっていた言葉でした。主人が亡くなったとき、この約束だけは絶対に守ろうと思い、アルゴダンザさんにお願いをしました。納骨の日に、遠方まで遺骨を取にきていただき、その後も丁寧にジュエリー加工についてアドバイスくださり、とても安心してダイヤ到着までの日々を過ごすことができました。本日、『竜(ドラゴン)』をモチーフにした大変素敵なダイヤモンドペンダントが出来上がりました。息子が大きくなるまでは、私が身に着け、息子が大きくなったら、彼の好みのチェーンに替えて渡してあげようと思います。『竜』は父と息子をつなぐ絆です。息子の名前にはもちろん、父親からもらった『竜』の一字が入っています。大きくなったら、きっとドラゴンダイヤモンドペンダントを喜んでくれると思います。お父さんは、ダイヤモンドとともにずっと彼を見守ってくれていると思います。
皆様 お世話になりありがとうございました。本当に素敵に仕上がって嬉しいです。

2010年8月 Y.I.様 (千葉県)

最後まで父を「人」として扱って頂き、心にジーンと ひびきました

お客様の声 2010

故人、父(和一)に対するお心づかいが、とても温かく、 依頼して本当に良かったと思いました。
又、出来上がったリングも、希望以上の出来で、
大、大、大満足でした。ありがとうございました。
これからは、このリングを身につけて、(父が)私のお守りとなって 一緒に、この先の人生を歩んで行こうと思います。

最初から最後迄、「人」として扱って頂き、とても心にジーンとひびきました。 本当に。本当に、ありがとうございました。

2010年8月 寺西 光恵様 (愛知県)

これからは大好きだった祖母と共に歩んで行きたいと思います

生まれた時から大切に育ててもらい、いつもそばいた大好きだった祖母が亡くなり、言葉ではいえない悲しみと祖母の死を受け入れられずにいた時、以前、テレビで遺灰をダイヤにしたお話が紹介されていたのを思いだし、祖母とずっと一緒にいたいという気持ちから、遺灰から抽出した炭素のみからダイヤモンドを作製して下さる御社にお願いをする事に致しました。
遺灰をお預けし、スイスに旅立ったとのご連絡を頂いてから、美しい物が大好きだった祖母がダイヤに生まれ変わり帰ってくる日をとても心待ちにしておりました。
これからは、この青く輝くダイヤに、生まれかわった祖母をいつも身につけ、祖母と一緒に色々な場所に行ったり、感じたりと、共に歩んで行きたいと思います。
本当にありがとうございました。

2010年8月 H.M.様 (埼玉県)

亡くなって2年目の日に手元に届き、 ホッとした気持ちです

この度は、御丁寧にありがとうございました。
亡くなって2年目にあたる日に手元に届き、
ホッとした気持ちです。
皆さんの丁寧な対応に救われました。
大切な品として、大切にしていきたいと思っております。
ありがとうございました。

2010年8月 T.M.様 (山梨県)

ペンダントを身につけて、長いようで短過ぎた人生を、ゆっくり語りたい

お客様の声 2010

五十八年間の結婚生活。かけがえのない人生の戦友が逝ってから7ヶ月。
7月20日、アルゴダンザ・ジャパンから送られてきた、碧紫の輝きが美しく眩しいペンダント。
そして7月25日の朝、初めて繁子の夢を見て声を聞いた。
跳び起きたら夢で残念。話したいことがあったのに。
然し「一身二生」、いつか逢える日が必ず来る。逢っているではないか。
ペンダントを身につけて、長いようで本当は短過ぎた人生を、ゆっくり語りたい。
でも、夢は嬉しかった。これからも来るんだよ。待っているから。

2010年8月 森 才一様 (千葉県)

「リングになって帰ってくるんだ」と自分を励ましながら頑張る事が出来ました

突然の事故で夫を失い悲しみと苦しさで、いっそ一日も早く夫の元へ・・・とそればかりを思う毎日でした。先日お願いしていたダイヤモンドリングが手元に届き、あまりの美しさに涙が止まりませんでした。その見事な輝きは、まるで夫が話しかけているようで、待っていて良かった、お願いして良かった、心からそう思う事が出来ました。夫は昨年、突然の事故で、掛け付けた時には、すでに帰らぬ人でした。何をどう考えたら良いのか、そんな時娘が以前、ネット?TV?で知り、7~8?年前、茶飲み話に話題にした事が有り、その時夫が「それはいい、是非そうしてもらいたい、いつも身につけていてもらえるのはうれしいナ」と、言っていたと・・・。それを聞き娘の提案に大賛成、早速、私と娘のリングを依頼しました。この半年間、首を長くしこの日を待ち続け、悲しい時には「リングで私達の元に帰ってくるんだ」と、自分を励ましながら今日まで頑張る事が出来ました。ありがとうございました。

追伸 とても親身な対応をして下さり、娘共々感謝の気持ちでいっぱいです。又、出来栄えも想像以上で満足しています。一生指から離す事なく大切にしていきます。

2010年7月 T.E.様 (長野県)

これからは両親といつも一緒にいて、守ってくれる、そんな気がしています

お客様の声 2010

いろいろありがとうございました。
2月に1週間のちがいで両親2人を亡くしました。
貴社の事は以前から知っておりましたが、金額の事や、本当に自分の身内の遺骨からできているのか等
心配はありましたが、思い切ってお願い致しました。
これからは両親といつも一緒にいて、守ってくれる、そんな気がしてリングを付けています。
何かほっとした、安らぐ様な気になりました。
ありがとうございました。

2010年7月 M.S.様 (神奈川県)

お客様の声 2010

2016年7月 H.M.様 (埼玉県)

サンプルのダイヤを見た時、迷わず決めました

お客様の声 2010

遺骨でダイヤモンドが作れることは以前、メディアで知っていましたが、まさか肉親がこんなに早く亡くなるとは思いませんでしたので、父が亡くなった時は、このことをすっかり忘れていました。ですから、葬儀会社に、サンプルのダイヤが展示されているのを見た時、迷わず決めました。
このタイミングで出会わなければ、思い出すことも、製作依頼することも、なかったでしょう。
母親に最高のプレゼントができました。
本当にありがとうございました。

2010年7月 宮本 曜子様 (兵庫県)

母が想像以上に素敵な色になって帰って来ました

この度は、母がお世話になりました。
想像以上に素敵な色になって帰って来たのでとても嬉しいです。
どんなアクセサリー加工にするかはまだ決めていませんが、今はただ毎日眺めているだけで十分です。

とり急ぎ 御礼申し上げます。

2010年7月 Y.M.様 (神奈川県)

ありがとうございました

ありがとうございました。

2010年7月 遠藤 三男様 (鳥取県)

ダイヤモンドをお願いして本当によかったです

今回、アルゴダンザさんでダイヤモンドをお願いして本当によかったです。すごく素敵に仕上げていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

2010年7月 Y.H様 (大阪府)

美しいダイヤモンドになった母

感動です。
ダイヤモンドになった母・・・美しいです。
良かった。本当に決心して良かった。
ありがとうございました。

2010年6月 J.I.様 (大阪府)

愛する人との別離・・・どれほど辛くても、しっかり生きることが私の務めです

愛する人との別離ほど悲しく寂しいことはありません。しかし、どれほど辛く悲しいことであっても、亡き人からの問いかけを私がしっかり受け止めて生きることが私の務めだと思います。
私たちではない・・・私なのだ・・・と痛切に感じております。
誰もがお悔やみの言葉を掛けて下さいます、でも正直言ってこの感情は直面した本人でないとわからないです。
両親をなくしたときとは違い・言葉であらわせない感情です。
「あなたがいないと何も出来ない私・どうすればいいの」
そんな時アルゴダンザ様の事を聞きました。
いつでも・何処でも・いつまでも・・・・一緒にいれる。
そして心強いまぎれもない貴方なのだから・・・・・・
メモリアル・ダイヤモンド・・・私はピアスにします。
貴方が着いたのが6月11日でした。私の誕生日。そして、私たちの結婚記念日。
貴方がくださったプレゼントだったんですね。
何処に行くのも一緒です。今は心のやすらぎを感じています。
本当にありがとう・・・アルゴダンザ様

2010年6月 N.M.様 (静岡県)

小さな、小さなダイヤモンドですが、大切な主人です

この度は色々とお世話になりました。
義姉から話を聞いた時は、大変悩みましたが、思い切って娘二人と私自身の分の3つのメモリアル・ダイヤモンドをお願いしました。お願いしてから約4ヵ月後、輝くダイヤモンドとなり帰って来ました。
ダイヤモンドの主人はとてもきれいで、本当にこれが主人なのか、ダイヤモンドになれた主人はどう思っているのか・・・。きれいで輝いている主人を手に「私が亡くなった時もぜひダイヤモンドにして欲しい・・・」と娘達にお願いしました。
小さな、小さなダイヤモンドですが、大事な大切な主人であり、娘達の父です。
今はダイヤのままですが、娘達が嫁ぐ時はジュエリーの一部として、身に付けてもらい、花嫁姿を見せてあげたいと思います。そして、いつまでも娘の幸を見守って欲しいと思います。

最後になりましたが、担当して頂いたスタッフの方には、私事も心配して頂き、心強く私自身前向きに頑張る事出来ました。ありがとうございます。

2010年6月 M.J.様 (和歌山県)

クリスチャンだったおばあちゃんを、十字架のペンダントに

お客様の声 2010

おじいちゃんのお墓に、クリスチャンだからと入れる事ができませんでした。
そこで、コープのゆきげさんで、手元供養で、骨と位牌を合わせたスタイラス・ダイヤモンドができると教えていただき、早速申し込みました。
届いた時の感動は、言葉では言い表せられないほどです。
美しく、大粒のダイヤが、プラチナの十字架の真ん中に、青く美しく輝いて、まるで、おばあちゃんがニコニコと笑っているようです。
ひ孫の元に届け、大切にしていくことになりました。
「優しいおばあちゃんが、いつもそばで見守ってくれているんだね。」と、家族皆で喜んでいます。
毎年そろって、おじいちゃんのお墓参りに行く時は、今度はおばあちゃんも一緒です。
本当にありがとうございました。

2010年6月 A.E.様、S.H.様(神奈川県)

二人の娘達が嫁ぐ時には一つずつ持たせてあげたい

夫を亡くし、哀惜に暮れる日々の中、娘のアドバイスで貴社を知り「何かの形でも残して身近に置きたい!」その想いでお願いしました。約9ヶ月の長い旅から戻って来た時は本当にきれいな光を放つ違った形に変わり、今では悲しい時も、寂しい時も「ガンバレヨ!」と言ってくれる主人がそばにいます。

二人の娘達が嫁ぐ時には一つずつ持たせてあげたいとの思いから二つを作ってもらいました。きっとこれからも身近で私達家族を光り輝き見守って励ましてくれると確信しています。感謝。

2010年6月 N.W.様 (神奈川県)

気弱になった時、ダイヤモンドに励まされています

息子がベッドの上で10年以上生活していた頃に、ある時、テレビで遺骨をダイヤモンドに出来るという事を知りました。
長くベッドの上にいますから、自分の最後はどうしてほしいとか、お墓はいらないとか、この様な話も落ち着いて話が出来る時もありましので、すっかり気に入り、本人の希望もありダイヤモンドにしました。私も体調を崩し気弱になってしまう事もありますが、ダイヤモンドを見ると励まされている様に思います。息子は自分が亡くなったら旅行は此処がいいよ、車はこれに乗ったらいいよと言っていましたので、今は息子の決めてくれた車で旅行に行きます。その時はバックの中に入れて一緒に行きます。本当にダイヤモンドにして良かったです。
スタッフの皆様方には、本当にいろいろとお手数をおかけしました。ありがとうございました。

2010年6月 C.K.様 (千葉県)

行ったことのないスイスに行けて良かったね

お客様の声 2010

息子様のメモリアル・ダイヤモンドに、ご依頼者様の婚約指輪から取ったダイヤを合わせたペンダントです

今回、はじめてメモリアル・ダイヤモンドを作ることを決意したのは、突然、最愛の息子が亡くなり、悲しみに暮れ、何も手に付かず、生きる気力もなく、ただ家族のため日々が過ぎて行く中で、遺骨を見るたびにお墓に入れてしまうより、息子の忘れ形見として身に付けたいと思いお願いすることになりました。アルゴダンザさんの対応も丁寧で工程を詳しく連絡して頂き、感動したのが、メールで「今日、息子がスイスに旅立ちました」と連絡が入った時は、行ったことのないスイスに行けて良かったねと思いました。約8ヶ月が過ぎ、メモリアル・ダイヤモンドになってスイスから日本へと戻ってきたのが月命日の日でした。それからジュエリーとして婚約指輪と一緒にしてネックレスにオーダーすることにしたのですが、不思議なことに、仕上がって自宅に届いた日が結婚記念日だったのです。
親として勝手にこの様なことをしてしまったけれど、この時に届いたのは・・・。と感じました。星のようにキラキラと輝くブルーダイヤとなった息子の思いが入った最高のプレゼントでした。

2010年5月 K.F.様 (神奈川県)

このダイヤに負けないくらい、自分の人生も輝かせたい

お客様の声 2010

お手持ちのチェーンと合わせられるようにとのご依頼で、取り付け部分の輪を大きめにカスタムしました

全ての思いがこのメモリアルダイヤの様に輝いているように感じます。
このダイヤに負けないくらい、自分の人生も輝かせたいと強く感じました。
スタッフの皆様の心暖まる対応も素晴らしかったです。
死もまた新たな始まりだと感じました。
ありがとうございました。

2010年5月 C.H.様 (三重県)

母のダイヤをこれからもずっと傍に…

お客様の声 2010

この度は大変お世話になりました。
とても綺麗に仕上げて下さり、大変満足しております。
これからもずっと傍にいて、母のダイヤを大切にしていきたいと思っております。
ありがとうございました。

2010年5月 F.I.様 (大阪府)

大切な人をなくされたお友達にも教えてあげたいと思っています

お客様の声 2010

本当にありがとうございました。
リングの形のことで何度もお願いしたのに、いやな顔ひとつせず感謝しております。
大切な人をなくされたお友達に教えてあげたいと思っています。
私はこれでいつも一緒と思える気がします。
皆さまありがとうございました。

2010年5月 k.k.様 (東京都)

義姉も一緒に作ると言ってくれた事が嬉しかった

突然の母の死に何の心の準備もなく、なかなか受け入れる事が出来ない時に、義姉よりメモリアル・ダイヤモンドの事を聞き、やっと一歩踏み出す事が出来ました。
又、義姉も一緒にと言ってくれた事も嬉しく、お葬儀から泣いたり笑ったりと気持ちが不安定の中、合言葉のように「ダイヤモンドにしようネ!!」と言い、問合せまでを過ごせ、その後は、スイスからの帰国を楽しみに、半年以上が経ちました。
これからは義姉と母も一緒に楽しくショッピングに旅行へと行くことが出来ます。
又、説明にはスタッフの方が親切に対応して下さり、とても大切に扱って下さるのを拝見し、心安まる思いで本当に感謝しております。
ありがとう ございました。

2010年5月 髙木聡子.様 (東京都)

一抹の不安はあったけど、決断してよかった

メモリアル・ダイヤモンド製作、ありがとうございました。
アルゴダンザ・ジャパンさんのお話を聞いた時は、遺骨からダイヤモンドができるなんて全く知らず、一抹の不安がありました。
骨つぼから遺骨を出され、遺骨がへってしまう事、遠くスイスまで送られる事。すごく考えて、今回決断してお願いしました。
正直、遺骨をあずけてからも、これでよかったのかと不安を感じる時もありましたが、今回ダイヤモンドが出来上がり、手にしてやっと「あぁ 作ってよかった」と、実感しました。
とてもきれいでした。ありがとうございました。
主人が残してくれた結婚指輪をリメイクして、新しい指輪を作り、私がはめ、その後、娘へゆずりたいと思います。

2010年4月 夏見薫様 (愛知県)

世界にひとつだけの私の宝物

お客様の声 2010

うれしいの一言です。
世界にひとつだけの私の宝物が出来ました。
一生、大切に見守って生きたいです。
メモリアル・ダイヤモンドを、お願いして本当に良かったと心から思います。
ありがとうございました。

2010年4月 小山陽子様 (長野県)

お墓の不安が少し解消され、ほっとしています

お客様の声 2010

私はひとりっ子で、母は将来、お墓のことで私にわずらわせたくないとずっと考えていたようで、父が亡くなった時も、お墓に入れる気になれないようでした。
そこで私が以前、TVで見た遺骨をダイヤにするという話をすると、早速、インターネットで探してくれと言われ、貴社に当たりました。他の会社もありましたが、自然な色あいが気に入り、こちらにしました。今日、手元に届いてきれいな色で気に入りました。
私も母も、将来の不安が少し解消され、ほっとしています。
母にも「将来、お母さんが天国へ行ったらダイヤにしてあげるね」と言っています。
ありがとうございました。

2010年4月 S.K.様 (北海道)

再び息子の帰りを待って

お客様の声 2010

亡くなった息子の帰りをもう一度、待ちわびる気持ちを体験することができました。
本当に有難うございました。

2010年4月 N.S.様 (愛知県)

これからも皆様の力になってあげてください

お客様の声 2010

ありがとうございました。
ただただ それしか申し上げられません。

がんばって これからも皆様の力になってあげてください。

ほんとうに ありがとうございました。

2010年4月 T.M.様 (岩手県)

2人でスイス旅行をする希望はかなわなかったけれど

たいへん満足致しております。
スイスへいつか2人で行きたいと思っていたので

遺骨になってでは少し残念ですが、致し方ないでしょう。

2010年3月 T.F.様 (茨城県)

主人の人柄が乗り移ったような青い宝石

早くも2月だんだんと春にむかっております。
平成22年2月20日無事に私共のところに、主人がもどって参りました。
遠いスイスの旅をして、美しい国を見て来た事でしょう。
心が清く、最後迄どの人にも思いやりが有り、やさしい主人でしたので、 青く美しく輝く宝石に、主人の人柄が乗り移ったごとく、 家族の心もなごみます。
毎日大切に手を合わせます。
此の度は誠にお世話さまに成り、有りがとうございました。
アルゴダンザ・ジャパン御一同様に、心よりお礼申し上げます。

2010年2月 濱田様 (京都府)

何も信じられなかった私ですが…

お客様の声 2010

このたびは、いろいろとお世話になりありがとうございました。
主人が闘病の末、天国へ旅立っていってから何も信じられず、病院での医療への不信、また疲れきった私には周囲の興味本位の「大丈夫?」「どうしたの?」という言葉に、ひどく傷つけられておりました。
やっとの事で、主人をダイヤモンドにしていつもそばに・・・そう考えられるようになったのは、数ヶ月が過ぎたところでした。
社長さんをはじめ、皆様には本当に主人をていねいに大切に預かって下さって、感謝しております。
青いダイヤになって帰ってきた主人は、今私の薬指でずっと一緒に過ごしております。
本当にありがとうございました。

2010年2月 A.M.様 (北海道)

一周忌を過ぎて

お客様の声 2010

大き目のダイヤに合わせたため、スタンダードデザインでも印象が変わって見えます

娘の遺骨をこういう形で加工してもいいものか、悩みながらも、いつも一緒にいられたら、と考え、お願いしました。
とてもきれいになって戻ってきてくれて、とてもうれしかったです。このお手紙も、すぐには書けず、一周忌もすぎて、ようやく、ペンをとりました。リング部分に傷がついていくのも、一緒にいる時間の長さと受けとめています。きれいに仕上げていただき、感謝しています。ありがとうございました。

2010年2月 S.O.様 (岩手県)

若く亡くなった主人の唯一の願い

お客様の声 2010

「遺骨を宝石みたいに加工してペンダントとかにできるってテレビ見たから、自分が亡くなった後、骨を宝石にして子どもが中学生か高校生になった時、渡してほしい」というのが36歳の若さで亡くなった主人の唯一の願いでした。最初遺骨を持つのは・・・と思いましたが、どうしてもと言われていたので、叶えてあげようと、インターネットで調べてアルゴダンザ社のことを知りました。業者の方には、遠くから足を運んでいただき、子どもの分だけと思っていたのですが、直前で私も持っていたいと思い、3人分作ってもらいました。ダイヤを作っていく経過も、何度もお電話していただき思っていたよりも早く私達の元に帰ってきました。子ども達がもう少し大きくなって渡せる日が来るまで大事に保管したいと思います。
本当にありがとうございました。

2010年1月 Y.S.様 (愛媛県)

ダイヤモンドを作って間違っていなかった

前略 ご担当者様
ご無沙汰いたしております。あなた様には、お変わりございませんか。
母がダイヤモンドとなり帰って来てから1年が過ぎました。もっと早くこのお礼の手紙を差し上げるべきだったのですが、1年もたってしまったことをお許しください。
ご担当者様には何度も何度も電話で相談にのっていただき、いろいろとご迷惑をおかけいたしました。遺骨に関する考え方が多様化してきても、遺骨をダイヤモンドに加工したり、遺骨のまま手元においておくことに抵抗を感じる人や、反対する人などもおりましたが、私は母の遺骨をダイヤモンドにする、といった自分の決断は間違っていなかったと1年たってみて強く感じております。
亡くなった人は戻ってこないし、話もしないし、肉体も存在しませんが、ダイヤモンドの姿に変わっていつでも一緒に暮らしている、という安心感をえることが出来ました。
もし、あの時ダイヤモンドにするという決断をしていなかったらきっと毎日が寂しく、後悔していたと思います。きれいなダイヤモンドにしていただき感謝しております。
担当者様、お礼が遅くなりましたが本当にありがとうございました。

2010年1月 M.W.様 (東京都)

 

輝きに導かれて

お客様の声 2010

アルゴダンザ・ジャパンのスタッフの方々、この度は本当にありがとうございました。
一日千秋の思いで待ったメモリアルダイヤモンドの完成。
初めて対面した時、想像以上の美しい輝きに思わず涙が出ました。主人が帰って来てくれたような気がしました。
もっともっと長生きしてくれると思っていました。だけど、いざとなるとあっけないものなのですね。最期の時、主人は何を思ったのでしょう・・・・それは誰にも分かりません。ああもしてあげたかった、こういう風にしてあげればよかった、もっと気持ちに寄りそってあげればよかった、と悔いはいっぱいありますが、その輝きを見た時、色々大変な事もあったけれど、主人は幸福な人生を活きたのだと思いました。その美しい輝きは、これからの私の人生を導いてくれる明かりになってくれることを信じています。
新聞広告によって、アルゴダンザ・ジャパンさんとご縁が出来たことに感謝です。そして、スタッフの方々の誠実な対応に感謝です。

2010年1月 R.Y.様 (兵庫県)

早く逝った主人との再会

あまりに早い主人の旅立ちに、心の準備も、感傷にひたっているゆとりも持てないまま、初めての事だらけの、残された者がやるべき事を、必死に調べながらこなしていたところ、手元供養ということで、アルゴダンザ様のメモリアルダイヤモンドを知りました。同じ悲しみを持つ方々がメモリアルダイヤモンドを手にした話を読ませていただくだけで、道標を見いだせた思いでしたが、アルゴダンザ・ジャパンのスタッフ様のご配慮もうれしく、特に、ダイヤとなった主人がクリスマスに私の元に還ってきてくれたのには感激しました。子どももいないので、結婚して初めて、ひとりぼっちのクリスマスだと思っていたところへの思いがけないプレゼント、そのお心遣いに涙しました。
3月生まれの主人が、誕生石のアクアマリンの様な淡いブルーで還ってきてくれたのは、これからもひとりぼっちじゃないだと主人をより身近に感じられます。光の加減によっては、藤色がかったブルーに見える事もあり、5月の私の誕生日が主人の命日なってしまった事もあり、思い入れのある季節の花色に見る時があるのも私にとっては励みになっております。素敵な再会を与えてくださった、アルゴダンザ様に感謝申し上げます。

2010年1月 Y.I.様 (東京都)